外陰部のできもの(バルトリン腺嚢腫・
バルトリン腺炎・
バルトリン腺膿瘍)

バルトリン腺とは?

痛み膣の入口の左右にある分泌腺のことを「バルトリン腺」と言って、性的な刺激を受けることでここから分泌液が出て、セックス時に潤滑油のような働きをします。

バルトリン腺で細菌感染が起こり、炎症が起こった状態を「バルトリン腺炎」と言って、何らかの原因で腺の入口が塞がれて、内容液がたまった状態を「バルトリン腺嚢腫」と言います。
そしてバルトリン腺炎が悪化して、炎症が腺の奥まで進行することでバルトリン腺に膿がたまった状態を「バルトリン腺膿瘍」と言います。

バルトリン腺嚢腫

何らかの原因で分泌液を出すバルトリン腺の導管が詰まって、内容液がたまった状態です。
症状がないことも多いのですが、膣の入口が小さく腫れる場合があります。

バルトリン腺炎

大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌に感染することで、バルトリン腺の導管で炎症が起こった状態です。
膣の入口が腫れたり、痛みを感じたりするようになります。

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺炎が悪化して、炎症が腺の奥まで進行してしまってバルトリン腺に膿がたまった状態です。
外陰部が赤く腫れて、起立時、着座時、歩行時などに強い痛みを感じるようになります。

治療法

お困りの症状がない場合には特に治療は必要ありませんが、痛みが強かったり、腫れがひどかったりする場合には、抗生物質を使って症状の改善をはかります。
バルトリン腺に大きな膿瘍ができてしまっている場合には、のう胞壁の一部を切除する「バルトリン腺開窓術」を行って膿を外へ出します。

一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.078-821-0303